« GRD2が届いた | トップページ | 脳内パニック »

CSS Nite in KYOTO, Vol.1

5月16日に CSS Nite in KYOTO, Vol.1 に参加しました。

畳の大広間でwebの講習はかなり新鮮。
京都1回目ということで、皆さん気合が入った感じでした。
カゴヤ・ジャパンさんのご挨拶に続いて本編開始。

-----
「わくわくディレクション(アイデアパート)」 ミキチョクシさん

キーワードは「アイデアは、ひらめきではなく、組み合わせである」。

KJ法とブレーンストーミングを利用したワークショップ。

お題: 〔京都を世界にアピールするコンテンツアイデア〕を考える
条件1: 各グループ名を活用(大文字、金閣寺、京都タワー、清水寺)
条件2: Aチームは具体的なアイデア出し、Bチームは企画の目標設定とまとめを行う。

KJ法もブレストもよく使う方法ですが、コンテンツアイデア出す係と
目標設定する係が分かれているのは初めてでした。
相手がどんなアイデアを出してくるか分からない方が
組み合わせた時に面白いものが生まれるのかもしれません。
目標にあわせて出てきたアイデアを展開させたりばしばし切っていく作業が爽快。
組み合わせを試していく過程でブレイクスルーポイントというか、
全員が「それだ!」となる瞬間があって、そこを核にすると一気に
アイデアがまとまっていったのも面白かったです。

他のチームのアイデアも面白くて、個人的にツボだったのが「京都タワーをロケットにして飛ばす」。
自分では絶対に思いつかない発想です。

-----
「元英語塾講師が内緒で教える英語の勉強のコツ」 鷹野さん

「日本のロック史における RCサクセションの影響」に変更しますと言われ、
それはそれで大歓迎だったのですが、まあそれは前フリで普通に英語の講義でした。
鷹野さんは英語塾の講師をされていたそうです。

・話すときは、正確さよりリズム
・シャドーイング
・英語は訳して日本語にせずに頭から読む
・カラーバス効果:楽しく練習する
・英語で日記を書く
・会社に英会話の先生を呼んでしまう

印象に残ったポイントはこのあたり。
英語は思いっきり苦手ですが、あまり逃げてもいられないしできそうなものから始めようと思います。

-----
総じてとても楽しかったです。

関係者の皆々様、どうもありがとうございました。
次回は今年の秋ごろ?予定らしいので、また参加したいと思います。

 

 

|

« GRD2が届いた | トップページ | 脳内パニック »

まとめ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1221215/29783285

この記事へのトラックバック一覧です: CSS Nite in KYOTO, Vol.1:

« GRD2が届いた | トップページ | 脳内パニック »